• HOME
  • 工法・構造「工法・構造」

工法・構造

家族を守る。暮らしを支える。ハウジング・オークラの家づくり

普段の生活はもちろん、巨大地震など、もしもの時にでも、
家族を守り、暮らしを支えるのがマイホームの大切な役割。
ハウジング・オークラでは、木造在来工法の中でも耐震性能に優れた<構造・工法>、
安心して長く住まい続けるための<基礎・基本処理>を採用しています。

  • 工法・構造
  • 基礎・基本処理

日本の風土に合うだけではなく
強度も自由度も高い「在来軸組工法」

在来軸組工法(在来工法)とは、土台と柱と梁(はり)で組み立てる日本の伝統的な工法です。
これは日本の高温多湿な気候風土に適しているだけではなく、地震などの水平荷重にも強いという
特徴を持っています。 さらに、プランニングの自由度が高く、デザイン性の高い間取り、
バラエティに富んだ外観スタイルが可能す。

在来軸組工法(在来工法)

在来軸組工法(在来工法)

在来軸組工法(在来工法)

6面で外圧を分散。
「モノコック構造」

大地震の際、住まいには大きな外圧がかかります。その力をしっかり受け止め、分散することができるのが、建物の構造強度を上げる「モノコック構造」です。
これは、柱、梁、土台を構造用パネルで一体化。強靱な6面体の箱形に仕上げることで、地震などの外圧を建物全体で受け止め、高い耐震性能を発揮します。
さらにオプションとして、国土交通大臣認定「壁倍率1.7倍」の制震システム「GO-TA」を施工することも可能です。大切な家を、しっかり、長く支え続けます。

モノック構造

制震システム 
「GO-TA」

制震システム
「GO-TA」
(オプション)

制震システム 
「GO-TA」

 

制震システム 
「GO-TA」

地震に強い家づくりのために
最新の「金物工法」を採用

日本の気候風土にあった在来軸組工法に、さらなる精度と頑強さをプラスするのが「金物工法」です。これは、木造軸組の接続部分を金具に置き換え、木材の削り取り部分を最小限に抑えながらしっかりと軸組みを固定する工法です。ハウジング・オークラでは、震度7の地震にも動じない頑強な軸組のために開発された、最新の接合金物を使用することも可能です。接合金具は、サビなどの腐食に強い高耐食メッキ加工を施しているため、強く、長く、家族と家を支えます。

接合金物

接合金物(オプション)

接合金物

 

接合金物

「木の弱点をなくした木」で
強度と耐久性をアップ

木材には、変形しやすい、かなりの太さがないと外圧に弱く、腐食しやすいといった欠点があります。
それを払拭したのが、ハウジング・オークラで採用している「エンジニアリングウッド(集成材)」です。
木質系の素材を最新技術で加工し、通常の無垢材の1.5倍の強度と、くるいや腐食を防ぐ耐久性を実現したエンジニアリングウッドが、家族と暮らしを守ります。

エンジニアリングウッド(集成材)

エンジニアリングウッド(集成材)

エンジニアリングウッド(集成材)

基礎と柱、柱と梁を
ガッチリささえる構造用金物

優れた機能を持つエンジニアリングウッド。その機能を最大限に活かすための「構造用金物」にも
こだわっています。 例えば「ホールダウン金物」。基礎と土台・柱を一体化し、地震などでは柱1本あたり数トンともいわれる引き抜き力に耐えられるよう設置しています。

ホールタウン金物

ホールダウン金物

羽子板ボルト

羽子板ボルト

火打ち金物

火打ち金物

シックハウス対策に有効な
24時間換気システム採用

シックハウス症候群とは、建築材料や家具に含まれる揮発性有機化合物により、そこに住む人の健康が損なわれてしまうというもの。
ハウジング・オークラでは、有害物質を含まない材料を使用することはもちろん、建物に24時間換気システムを導入。
2時間に1回、部屋中の空気を効率的に入れ替えできます。

24時間換気システム

24時間換気システム

24時間換気システム

24時間換気システム

操作もスイッチで簡単にできます

ページトップ