• HOME
  • 工法・構造「基礎・基本処理」

工法・構造

家族を守る。暮らしを支える。ハウジング・オークラの家づくり

普段の生活はもちろん、巨大地震など、もしもの時にでも、
家族を守り、暮らしを支えるのがマイホームの大切な役割。
ハウジング・オークラでは、木造在来工法の中でも耐震性能に優れた<構造・工法>、
安心して長く住まい続けるための<基礎・基本処理>を採用しています。

  • 構造・工法
  • 基礎・基本処理

住まいの安心は
地盤の安心から

どんなに優れた工法・構造の家でも、それを支える地盤が弱ければ、耐震性が大幅に低下。
また、経年による傾きなどで住まいにゆがみが生じるだけではなく、住む人の健康にも影響が出てしまいます。
そのためハウジング・オークラでは、建物を建てるすべての土地において、第三者機関である地盤調査会社により、厳密な土地調査を実施しています。

基礎バッキン

適切な地盤改良で
10年間の品質保証を実現

地盤調査会社では、地盤の強さ、偏り、深さごとの土の性質を判断できるスウェーデン式サウンディング試験を実施。
その結果に基づき、表層地盤改良、湿式柱状改良、既製コンクリートパイル工法など、家を建てるにふさわしい地盤耐力にまでアップさせたあとに基礎工事をスタートします。
その結果、引き渡し日から10年間「地盤の保証」が付きます。

基礎配筋

すべての家に
「縁の下の力持ち」を

ハウジング・オークラでは、すべての住まいに「ベタ基礎」を採用し、地盤の耐力そのものを向上させています。
地盤全面に防湿フィルムを敷き、土中からの湿気を防いでいるほか、耐久性と強度にすぐれた銅製束を使用し、躯体を腐食から守っています。
また、基礎幅は「150mm」以上を確保。コンクリートの耐震性、耐久性を高めています。

基礎コンクリート打込み

断熱材、ペアガラスで
無理なく快適、エコハウス

冷暖房の効率をアップする断熱材。ハウジング・オークラの建物には、床下に40mm厚のポリスチレンホームを使用するほか、壁には厚さ75mm、天井には厚さ100mmのグラスウールを途切れることがないよう施工しています。
また、全居室の開口部にペアガラスを使用。 ガラスとガラスの間に空気層を設けたペアガラスは、
一般複層ガラスの2倍の断熱性で外気温や騒音を遮断します。

断熱材

断熱材

ペアガラス

ペアガラス

長く住み続けるからこそ
足もとを万全に

経年による住まいのトラブルトップ3のひとつは、シロアリです。
そこでハウジング・オークラでは、地盤面から1m以内の外壁の軸組み、木質系下地に5年保証付きの防蝕・防蟻処理を実施。 長く、安心して住める家を提供しています。

木質系下地に5年保証付き

木質系下地に5年保証付き

シロアリ保証書

シロアリ保証書

ページトップ